I’m PINCH

70%以上がリピート。シワ・たるみ改善美容液      

ベルブラン

ニキビ跡対策美容液。保湿成分配合でニキビのぶり返しも予防

ビタミンCとビタミンC誘導体は違う!「ビタミンC誘導体の秘密」

目安時間:約 7分

■ビタミンCとビタミンC誘導体は違う!「種類と違いについて」

 

 

先日、ビタミンCには、さまざまな美容効果がある

ということをお話しましたね。

ビタミンCの美肌効果「なんでこんなにすごいの?」

 

 

すごい美容効果ですよね♪

 

 

このすごい美容効果を得るために、

多くのスキンケア用品にビタミンCが配合されています。

 

 

ですが、ビタミンCは水溶性なので、

普通にケア用品に配合しても、肌の奥に浸透しません。

しかも、ビタミンCは酸化しやすく壊れやすい成分です。

 

 

このようなビタミンCを、肌に吸収しやすく、

安定化させた物が、ビタミンC誘導体なんです。

 

 

「じゃあ、ビタミンC誘導体は素晴らしいんですね!」

とは、ならないんです。

 

 

ビタミンC誘導体にも、一長一短があるんです。

 

 

ビタミンCとビタミンC誘導体について

詳しくお話しますね。

「分子量」という化学みたいな話も出てきますよ。

 

 

続きを読むを押す前に、応援クリックお願いします
↓↓↓

人気ブログランキング

 

 

ビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンCは、化学的には「アスコルビン酸」と呼ばれます。

(アスコルビン酸のL体)

 

 

ビタミンCは、そのままでは、分子構造が壊れやすく、

肌に浸透しにくい栄養素です。

 

 

美容に素晴らしい効果があるけど、壊れやすいビタミンCを、

壊れにくく、肌に浸透しやすくしたものが

「ビタミンC誘導体」です。

 

 

ビタミンC誘導体には、

 

・水溶性ビタミンC誘導体

・油容性ビタミンC誘導体

・水溶性と油容性の両方の特性を持つビタミンC誘導体

 

の3種類があります。

 

それぞれ、簡単に説明しますね。

 

 

【水溶性ビタミンC誘導体】

 

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、即効性があることです。

 

 

素早く肌に吸収されて、ビタミンC本来の効果を

期待することができます。

 

 

ただ、ビタミンCの皮脂分泌を抑制する作用により、

乾燥しやすくなったり、高濃度になると、

刺激になったりすることがあります。

 

・アスコルビルリン酸ナトリウム

・アスコルビルリン酸マグネシウム

 

などを指します。

 

 

【油容性ビタミンC誘導体】

 

水溶性ビタミンC誘導体のように、即効性はありませんが、

肌への刺激が少なく、真皮まで届きやすいのが特徴です。

 

 

また、高濃度でも刺激になりにくく、

安定性が高いビタミンC誘導体です。

 

 

保湿性も高く、乾燥から肌を守る効果もあります。

 

 

・ステアリン酸アスコルビル

・パルミチン酸アスコルビル

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

 

などを指します。

 

 

【水溶性と油容性の両方の特性を持つビタミンC誘導体】

 

新型ビタミンC誘導体とも呼ばれます。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体の「即効性」と、

油容性ビタミンC誘導体の「浸透力」をあわせ持っています。

 

 

しかも、肌への刺激や乾燥の心配も少ないです。

 

 

脂質にも、水にもなじみやすく、

角質層への浸透力も優れています。

 

 

良いとこどりみたいなビタミンC誘導体ですね。

 

 

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

 

のことを指します

 

 

ビタミンC誘導体のマイナス点

 

これまでの説明を見ると、

「普通のビタミンCよりも、ビタミンC誘導体の方が良い」

と感じるかもしれませんね。

 

 

でも、そうは問屋が卸さないんです。

 

 

ビタミンC誘導体にもマイナス点があります。

 

 

それは、「ビタミンCの効果が薄くなること」です。

 

 

ビタミンC(アスコルビン酸)は、ビタミンC誘導体になると、

分子構造が大きくなります。

 

 

ですが、ビタミンC誘導体となっても、

ビタミンCの効果は、ビタミンC(アスコルビン酸)の

構造部分からしか得られないんです。

 

 

分子構造から見たビタミンCの含有量は、

純粋なビタミンC(アスコルビン酸)を100%とすると、

 

①アスコルビルリン酸Na(水溶性) : 49.2%

②アスコルビルリン酸Mg (水溶性) : 60.8%

③VC-IP(油容性) : 15.6%

④APPS(新型) : 31.5%

 

となっています。

 

 

なので、

 

「APPSの含有量は、美容液全体の10%です。」

 

となっていても、ビタミンCの効果は、

約3%しか得られないんです。

 

 

VC-ICの配合率が、80%~100%と

高濃度のケア用品がありますが、

ビタミンC自体は、全体の15%程度しかないんです。

 

 

ビタミンC誘導体の配合率は高くても、

思った以上に効果が低いというものは、

このような秘密があったからんですよ。

 

 

ビタミンCとビタミンC誘導体はどちらがいいの?

 

では、純粋なビタミンCと、ビタミンC誘導体は

どちらが良いのでしょうか?

 

 

どちらも長所、短所があるので、一概には言えませんが、

ビタミンCの効果を最大限に得るなら、

純粋なビタミンCの方が良いと思います。

 

 

最近では、特殊な技術で

浸透力が高く、安定性が高い純粋なビタミンC

が出てきています。

ビーグレンの高濃度ビタミンC美容液のセットを使用した感想 

 

 

 

ビタミンCの効果を感じたい方は、

このような、純粋なビタミンCを配合した

ケア用品を使用してみると良いですよ。

当サイトスキンケア・ニキビケア化粧品人気ランキング

ビーグレン ニキビケアセット
ビーグレン ニキビケアセット

リピーター続出!素早い効果が期待できるニキビケアセット

毛穴の皮脂をきれいに落とすクレイ洗顔と、高浸透・高濃度ビタミンC美容液が、ニキビを素早く改善する。さらに、ニキビ跡の改善の期待も!

ベルブラン
ベルブラン

ニキビ跡対策用美容液。ニキビのぶり返しも予防

ニキビ跡改善に有効な美容成分をたっぷり配合した美容液。美容成分の浸透を高める成分も入っているので、さらなる改善の期待ができます。

I’m PINCH
I’m PINCH

ハリ・シワの改善に!70%以上の女性がリピートするアンチエイジング美容液!

肌にコラーゲンを補うだけでなく、特許取得成分『セラビオ』が、肌のコラーゲン生成を活性化!なので、シワやたるみの改善に高い効果が期待できます。


スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

サイト内検索
イチオシ商品
   
☆ビーグレン ニキビケアトライアルセット ニキビ跡の改善も期待できるニキビケアセット  
☆ベルブラン ニキビ跡対策用美容液  
☆I’m PINCH 女性の70%以上がリピートするシワ・たるみ改善美容液  
☆ルナメアAC 新しい視点でできたニキビケアセット!  
☆透輝の滴 医学会が認定したアンチエジング美容液
今月の人気記事
カテゴリー
当サイトオススメ商品
☆ビーグレン ニキビケアトライアルセットビーグレン ニキビケア トライアルセットニキビ跡の改善も期待できるニキビケアセット
☆ベルブランベルブランニキビ跡対策用美容液