I’m PINCH

70%以上がリピート。シワ・たるみ改善美容液      

ベルブラン

ニキビ跡対策美容液。保湿成分配合でニキビのぶり返しも予防

糖化を予防してアンチエイジング|肌の老化の原因

目安時間:約 7分

■糖化を予防してアンチエイジング|肌の老化の原因

 

 

肌の老化の4大原因は、

 

光老化

皮膚の乾燥

細胞の酸化(フリーラジカル)

皮膚の菲薄化(ひはくか)

 

と言われていますが、最近の研究では、もう一つ、

肌を老化させる、大きな原因があることが分かりました。

 

 

それは「糖化」です。

 

 

しかも、糖化は肌を老化させるだけでなく、

糖尿病やアルツハイマー病、動脈硬化などの

病気の原因にもなります。

 

 

本日は、「糖化」についてと「糖化の予防法」について

お話したいと思います。

 

 

続きを読むを押す前に、応援クリックお願いします
↓↓↓

人気ブログランキング

 

 

糖化とは

 

血液の中に糖分が長い間残っていると、

糖分は、たんぱく質(コラーゲンやエラスチン)と結びついて

糖化したたんぱく質が作られます。

 

 

この糖とたんぱく質が結びつくことを「糖化」と言います。

(糖化したたんぱく質は、AGEと呼ばれる

最終糖化産物になります)

 

 

糖化したたんぱく質は、弾力を失って、褐色化します。

 

 

コラーゲンやエラスチンなどの、真皮にあるたんぱく質は

肌の張りや弾力に関係します。

 

 

コラーゲンやエラスチンが糖化すると、弾力を失い、褐色化します。

 

 

その結果、肌のハリの低下や顔のたるみ、しわ、くすみといった

肌の老化の原因になります。

 

hifunokouzou

 

 

糖化は食べ物でも起こっていて、発がん物質ができる

 

実は、糖化は肌だけでなく、

普通に料理をしても起こる現象です。

 

 

たんぱく質や脂質を砂糖と共に料理をすると、

糖化が起こります。

 

 

120度以上では急速に糖化が起こり、

低温でも調理の時間が長いと、糖化が起こります。

パンに砂糖をつけて焼くと、

こんがり焦げ目がつくのが糖化の一種です。

 

 

調理の時に糖化が起こると、発がん物質の前駆体※である

アクリルアミドが生成されます。

 

 

そして、糖化したたんぱく質は、

約30%が体に吸収されるそうです。

 

 

ちなみに、特に糖化反応物が多い食品は、

ドーナッツ、バーベキュー、ケーキだそうです。

 

※発がん物質の前駆体:そのままなら発がん性はないけれど、

体内で代謝されて発がん性物質になる物質のこと

 

afasgag

 

糖化は肌の老化以外に

 

糖化は、肌の老化以外にも、体全体を老化させ、

さまざまな病気の原因になります。

 

糖化によって起こる可能性のある病気は、

 

・脱毛

・抜け毛

・髪のツヤが無くなる

・糖尿病

・動脈硬化

・骨粗しょう症

・アルツハイマー病

・脳の老人班

・性機能障害

・心臓病

・白内障

 

など様々です。

 

 

糖化を予防しよう

 

糖化の怖いところは、一度体内で糖化したたんぱく質は、

分解して排出する方法がないことです。

体内に蓄積されていってしまうんです。

 

 

そのため、一番の予防法は、

糖化しないように予防することになります。

 

 

これを「抗糖化」と言います。

 

 

「抗糖化」する方法は、

 

・甘いものを食べない

・血糖値が上がりにくい食生活をする

・適度な運動

・糖化を抑制する食べ物を食べる

 

ことです。

 

 

糖化させない基本は、糖分を取らないことです。

 

 

砂糖の入ったジュースを一気飲みしたり、

アイスクリームを食べたりすると、

一気に血糖値が上がって糖化しやすくなります。

 

 

甘いものが食べたくなったら、過剰に摂取しないようにして、

食べたらしっかり糖分を消費しましょう。

 

 

また、低GI値(血糖値が上がりにくい食品)の食品を食べ、

血糖値が上がりにくい食生活をすることも効果的です。

 

 

高GI値の食品を食べる時は、低GI値の食品と

一緒に食べるようにして、血糖値の上昇を防ぎましょう。

 

 

食品ごとのGI値はこちらが参考になりますよ。

GI値一覧表

 

低GI食品は、GI値55以下、

中GI直品は、56~69、

高GI食品は、70以上になります。

 

 

また、運動は、糖をエネルギーとして消費します。

 

 

適度な運動をして、糖を消費しましょう。

 

 

食後の10分の散歩が急な血糖値の上昇を抑えて、

糖化するのを抑制する効果があります。

 

 

また、糖化を抑制する食べ物を食べることも、

抗糖化には効果的です。

 

 

抗糖化のある食品は、

 

・ハーブティやカモミールティ

・どくだみ茶

・ブルベリーエキス

・ヨモギエキス

・ショウガ

・食物繊維の多い食べ物

 

です。

 

 

このように、糖化は、肌や体を老化させる原因となります。

 

 

抗糖化をして、いつまでも若くて綺麗な肌、

健康な体を維持しましょう。

当サイトスキンケア・ニキビケア化粧品人気ランキング

ビーグレン ニキビケアセット
ビーグレン ニキビケアセット

リピーター続出!素早い効果が期待できるニキビケアセット

毛穴の皮脂をきれいに落とすクレイ洗顔と、高浸透・高濃度ビタミンC美容液が、ニキビを素早く改善する。さらに、ニキビ跡の改善の期待も!

ベルブラン
ベルブラン

ニキビ跡対策用美容液。ニキビのぶり返しも予防

ニキビ跡改善に有効な美容成分をたっぷり配合した美容液。美容成分の浸透を高める成分も入っているので、さらなる改善の期待ができます。

I’m PINCH
I’m PINCH

ハリ・シワの改善に!70%以上の女性がリピートするアンチエイジング美容液!

肌にコラーゲンを補うだけでなく、特許取得成分『セラビオ』が、肌のコラーゲン生成を活性化!なので、シワやたるみの改善に高い効果が期待できます。


スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

サイト内検索
イチオシ商品
   
☆ビーグレン ニキビケアトライアルセット ニキビ跡の改善も期待できるニキビケアセット  
☆ベルブラン ニキビ跡対策用美容液  
☆I’m PINCH 女性の70%以上がリピートするシワ・たるみ改善美容液  
☆ルナメアAC 新しい視点でできたニキビケアセット!  
☆透輝の滴 医学会が認定したアンチエジング美容液
今月の人気記事
カテゴリー
当サイトオススメ商品
☆ビーグレン ニキビケアトライアルセットビーグレン ニキビケア トライアルセットニキビ跡の改善も期待できるニキビケアセット
☆ベルブランベルブランニキビ跡対策用美容液