I’m PINCH

70%以上がリピート。シワ・たるみ改善美容液      

ベルブラン

ニキビ跡対策美容液。保湿成分配合でニキビのぶり返しも予防

リンス・コンディショナーを正しくつけて薄毛を防げ

目安時間:約 7分

■リンス・コンディショナーを正しくつけて薄毛を防げ

 

 

「リンスは髪の毛に残すぐらいがちょうどよい」

「リンスは使わない方が髪に良い」

 

 

という話を良く聞きますが、本当はどうなのでしょうか?

 

 

これにお答えする前に、あなたは、どうやってリンスを付けていますか?

もしかしたら、そのつけ方は、薄毛やフケの原因に

なっているかもしれませんよ?

 

 

リンスは、間違った使い方をすると、

薄毛やフケの原因になってしまいますが、

上手につかえば、髪を守るためにとっても効果的です。

 

 

自分が、どうやってリンスやコンディショナーを付けているか

想像しながら、お読みください。

 

 

続きを読むを押す前に、応援クリックお願いします
↓↓↓

人気ブログランキング

 

 

リンスやコンディショナーの目的

 

リンスやコンディショナーをつけると、何が良いのでしょうか?

 

 

昔(と言っても大昔ではなく、ちょっと前ですよ)は、

シャンプーはなかったので、石鹸で髪を洗っていましたが、

石鹸はアルカリ性で、皮脂を落とす力が強く、

石鹸カスが髪に残るという問題がありました。

(人の体は弱酸性にできています)

 

 

そこでリンスの登場です。

 

 

リンスには、

 

・アルカリ性に傾いた髪を弱酸性に戻す

・髪に残った石鹸カスを落とす

・髪に油分を補う

・指通りを良くする

 

などの効果があり、髪の表面の保護の目的で使われました。

 

 

けれど、最近のシャンプーは、弱酸性だったり、

ぱさつきを防ぐ成分がはいっていたりするので、

リンスの出番が減ってきました。

 

 

そこでコンディショナーが出てきたんですね。

 

 

コンディショナーは、髪のコンディションを整えるもので、

髪の表面に皮膜を作り、キューティクルを保護し、指通りを良くします。

 

 

厳密には、このように違いますが、

最近では、リンスとコンディショナーの違いが

あまり見られなくなり、リンス=コンディショナー

としているメーカもあります。

 

 

ただ、石鹸シャンプーは、髪をアルカリ性にするので、

弱酸性に戻すために、リンスを使用することになります。

 

 

前置きが長くなりましたが、リンスやコンディショナーの目的は、

 

・髪の表面に皮膜を作り、キューティクルを引きしめる

・静電気の発生を抑えて、髪をしなやかにする

・シャンプーによって失われた髪の油分を補う

・髪の摩擦を減らす

・髪指通りや櫛通りを良くする

 

になります。

 

 

※キューティクルとは、髪の一番外側の層で、

髪の水分や栄養が外に逃げないようにする役目をします。

キューティクルは、一度壊れると元に戻りません。

 

a0002_003305

 

間違ったつけ方は、薄毛やフケの原因になる

 

リンスやコンディショナーは、髪の表面に皮膜を作って

保護する役目をします。

 

 

けれど、リンスを頭皮についてしまうと、毛穴をふさいでしまいます。

また、リンスをしっかり洗い流さないと、

髪に残ったリンスが、頭皮を塞いでしまいます。

 

 

すると、皮脂や汗が毛穴に詰まってしまったり、

雑菌が繁殖して頭皮が炎症してしまったりして、

薄毛やかゆみ、フケの原因になってしまうんです。

 

 

リンスやコンディショナーは、頭皮につけないようにして、

シャンプーと同じように、頭皮や髪から綺麗に洗い流すことが、

正しいリンスやコンディショナーのスタートです。

 

 

リンスやコンディショナーの正しいつけ方

 

リンス(コンディショナー)の正しいつけ方は、

 

①リンスを手にとって、両手に広げます。

 

②痛みやすい毛先を中心につけていき、髪全体につけていきます。

このとき、絶対に頭皮につけないでください。

 

③全体にリンスが行きわたったら、すぐに洗い流します。

リンスやコンディショナーは、髪に浸透しないし、

すぐに膜をつくるので、時間を置く必要はありません。

 

④シャンプーの時のように丁寧に洗い流します。

このとき、リンスは頭皮に流れてくるので、頭皮も念入りに

洗い流します。下を向きながら髪を洗う人は、

頭の前の部分が残りやすいので、特に念入りに洗い流します。

 

 

リンスやコンディショナーは、頭皮につけず、

しっかり洗い流すというところがポイントなんです。

 

 

リンス・コンディショナーは必要なのか?

 

色々なサイトを見てみると、

「リンスは頭皮に悪いから、シャンプーで終わって、

リンスやコンディショナーは必要ない」

と書かれているところもあります。

 

 

けれど、シャンプー後の髪は、痛みやすくなっています。

 

 

また、リンスやコンディショナーは、

膜を作ってキューティクルを保護したり、摩擦を減らす効果もあるので、

余分な負担がかかって髪が抜けたり、切れてしまうのを防ぎます。

 

 

とはいっても、やっぱり心配という人は、

育毛用のトリートメントを使用すると良いです。

 

 

また、短髪や坊主の人は、髪が傷むことが少ないので、

そういう人はシャンプーだけで終わっても良いと思います。

 

 

薄毛で悩んでいる人も、リンスを使わないか、

育毛用のトリートメントを使用すると良いですよ。

 

 

リンスやコンディショナーは正しく使えば髪を保護してくれるので、

髪を守るためには効果的でです。

 

 

けれど、頭皮についてしまうと薄毛やフケ・かゆみの原因になります。

リンスやコンディショナーは、頭皮につけず、しっかり洗い流す

ということが、上手に、正しく使うポイントです。

当サイトスキンケア・ニキビケア化粧品人気ランキング

ビーグレン ニキビケアセット
ビーグレン ニキビケアセット

リピーター続出!素早い効果が期待できるニキビケアセット

毛穴の皮脂をきれいに落とすクレイ洗顔と、高浸透・高濃度ビタミンC美容液が、ニキビを素早く改善する。さらに、ニキビ跡の改善の期待も!

ベルブラン
ベルブラン

ニキビ跡対策用美容液。ニキビのぶり返しも予防

ニキビ跡改善に有効な美容成分をたっぷり配合した美容液。美容成分の浸透を高める成分も入っているので、さらなる改善の期待ができます。

I’m PINCH
I’m PINCH

ハリ・シワの改善に!70%以上の女性がリピートするアンチエイジング美容液!

肌にコラーゲンを補うだけでなく、特許取得成分『セラビオ』が、肌のコラーゲン生成を活性化!なので、シワやたるみの改善に高い効果が期待できます。


スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

サイト内検索
イチオシ商品
   
☆ビーグレン ニキビケアトライアルセット ニキビ跡の改善も期待できるニキビケアセット  
☆ベルブラン ニキビ跡対策用美容液  
☆I’m PINCH 女性の70%以上がリピートするシワ・たるみ改善美容液  
☆ルナメアAC 新しい視点でできたニキビケアセット!  
☆透輝の滴 医学会が認定したアンチエジング美容液
今月の人気記事
カテゴリー
当サイトオススメ商品
☆ビーグレン ニキビケアトライアルセットビーグレン ニキビケア トライアルセットニキビ跡の改善も期待できるニキビケアセット
☆ベルブランベルブランニキビ跡対策用美容液