I’m PINCH

70%以上がリピート。シワ・たるみ改善美容液      

ベルブラン

ニキビ跡対策美容液。保湿成分配合でニキビのぶり返しも予防

正しい洗顔の選び方。『界面活性剤はすべて悪』は誤解

目安時間:約 7分

■正しい洗顔の選び方。『界面活性剤はすべて悪』は誤報

 

 

スキンケアで“洗顔”は、とても大切なポイントということは

ほとんどの人が知っていますよね。

 

 

ですが、多くの人は、洗顔料を

「泡立ちがよければいい」

「顔の汚れが落とせればいい」

と安易に選んでしまいます。

 

 

実は、その安易な洗顔選びが、肌トラブルを招いている可能性があるんです。

 

 

というわけで、今回は、『正しい洗顔の選び方』についてお話しますね。

 

 

肌の悩みを解決するために、ぜひ、正しい洗顔の選び方を学んでくださいね。

 

 

続きを読むを押す前に、応援クリックお願いします
↓↓↓

人気ブログランキング

 

 

合成界面活性剤の全てが“悪”ではない

洗顔選びをしていると、“界面活性剤”という言葉がよく出てきますよね。

 

 

界面活性剤は、混じり合わない2つのもの(水と油など)を

混ぜ合わせる性質を持っているもので、油などの汚れを落とすことが

できるのも界面活性剤のおかげです。

 

 

ですが、洗顔選びをしていると

「合成界面活性剤は肌に悪いから、界面活性剤不使用のものを使おう」

「石油系界面活性剤は体に悪いから、植物性(天然系)のものを使おう」

という言葉をよく聞きますよね。

 

 

ですが、これは大きな間違いです。

 

 

界面活性剤の全てが体に悪いわけではないんです。

 

 

卵が体に悪いとは、だれも思いませんよね。

 

 

ですが、卵には、『レシチン』という界面活性剤の役割をする成分が入っています。

 

 

このレシチンのおかげで、本来、混じり合わない酢とサラダ油が、

卵をいれることでマヨネーズになるというわけなんです。

 

 

なので、“界面活性剤=悪”というのは間違いなんです。

 

 

石鹸や洗浄剤には界面活性剤が入っている

洗顔やシャンプーを探していると、“石油系界面活性剤不使用”や

“合成界面活性剤不使用”という言葉もよく目にしますよね。

 

 

そのため、石油系界面活性剤や合成界面活性剤は

肌に悪いという イメージがありますね。

 

 

ですが、これも間違いです(というか、誤解を招く書き方をしているんです)。

 

 

界面活性剤は、大きく分けると、以下のようになっています。

kaimen

(この表は、あんだんてシャンプー様のサイトを参考にさせていただきました。)

 

 

表を見てわかるとおり天然の界面活性剤は、卵などに入っている

成分のみで、それ以外はすべて合成界面活性剤になるんです。

 

 

なので、合成界面活性剤はダメというわけではないんですよ。

 

 

石油系・高級アルコール系界面活性剤が入っていない洗顔を使おう

では、どのような洗顔を選べばいいのでしょうか?

 

 

現状、避けたいのは、上の表で

 

・石油系界面活性剤

・高級アルコール系界面活性剤

 

の石油系合成界面活性剤が入ったものです。

 

 

最近は、石油価格の上昇から、石油系の界面活性剤は減り、

高級アルコール系の界面活性剤が増えてきました。

(高級アルコール系は、安価で洗浄力が強い)

 

 

ですが、石油系も高級アルコール系も洗浄力が強く、

肌への刺激が強すぎます

 

 

また、石油系合成界面活性剤は、驚くほど浸透力が強いため、

体の中のさまざまなタンパク質を破壊し、肌荒れ、湿疹、

アトピーなどの原因になってしまうんだとか。

 

 

なので、石油系合成界面活性剤が入った洗顔は、

使用するのをやめた方がいいです。

 

 

そして、洗顔を選ぶときは、

 

●肌に刺激を与えないもの

●こすっても肌に負担がかからない

●毛穴の皮脂や汚れは綺麗に落とす

●肌に必要な皮脂はしっかり残すもの

 

を選ぶようにするといいですよ。

(詳しくは、こちらで説明させていただきました⇒男性のニキビケア洗顔の選び方|企業3社に聞きました

 

 

ただ、石けん系の界面活性剤は少し注意です。

 

 

というのも、石鹸はアルカリ性のため、一時的に

肌をアルカリ性にしてしまいます。

(人の肌は、弱酸性の状態が健康な状態)

 

 

普通の人の肌なら、一時的にアルカリ性にかたむいても、

自然に弱酸性の状態に戻るため問題ありません。

(アルカリ中和能といいます)

 

 

ですが、乾燥肌やアトピー性皮膚炎などの皮脂分泌の少ない人、

ニキビ肌などのトラブルのある人は、弱酸性にもどるのに

時間がかかってしまいます。

 

 

すると、長い間、肌が弱っている状態になってしまい、

肌トラブルを悪化させてしまうんです。

 

 

なので、肌トラブルを抱えている人は、石鹸系の界面活性剤が

入ったものも避けた方がいいですよ。

(ただし、弱酸性石鹸は使ってもOKです)

当サイトスキンケア・ニキビケア化粧品人気ランキング

ビーグレン ニキビケアセット
ビーグレン ニキビケアセット

リピーター続出!素早い効果が期待できるニキビケアセット

毛穴の皮脂をきれいに落とすクレイ洗顔と、高浸透・高濃度ビタミンC美容液が、ニキビを素早く改善する。さらに、ニキビ跡の改善の期待も!

ベルブラン
ベルブラン

ニキビ跡対策用美容液。ニキビのぶり返しも予防

ニキビ跡改善に有効な美容成分をたっぷり配合した美容液。美容成分の浸透を高める成分も入っているので、さらなる改善の期待ができます。

I’m PINCH
I’m PINCH

ハリ・シワの改善に!70%以上の女性がリピートするアンチエイジング美容液!

肌にコラーゲンを補うだけでなく、特許取得成分『セラビオ』が、肌のコラーゲン生成を活性化!なので、シワやたるみの改善に高い効果が期待できます。


スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 

スポンサードリンク

サイト内検索
イチオシ商品
   
☆ビーグレン ニキビケアトライアルセット ニキビ跡の改善も期待できるニキビケアセット  
☆ベルブラン ニキビ跡対策用美容液  
☆I’m PINCH 女性の70%以上がリピートするシワ・たるみ改善美容液  
☆ルナメアAC 新しい視点でできたニキビケアセット!  
☆透輝の滴 医学会が認定したアンチエジング美容液
今月の人気記事
カテゴリー
当サイトオススメ商品
☆ビーグレン ニキビケアトライアルセットビーグレン ニキビケア トライアルセットニキビ跡の改善も期待できるニキビケアセット
☆ベルブランベルブランニキビ跡対策用美容液